急な腰痛の恐ろしさ。

急な腰痛の恐ろしさ。

私の仕事はデスクワークです。
朝から晩まで座り仕事なので、特に腰痛に縁の無かった私でも少しずつ腰が痛い事を実感してきました。

ある時、通常通り業務を行っていた時の事です。
別の本棚にある資料を確認しようと立ち上がろうとした時に、体の内部から変な音がしました。
その後、中腰の状態から動けなくなりました。

不審に思った同僚や上司に助けてもらい、ソファの上でしばらく横になっていたらある程度動けるようになったのですが、
自分では今まで縁の無かったヘルニアになってしまったのだと思いました。

その後直ぐに会社の近くにある病院に連れて行かれて、検査した結果ぎっくり腰の様なものだと診断されました。
筋肉の硬直や痛みが原因の様で、ヘルニアとはまた違った症状の様です。

ただ、その経験をしてからというもの、腰痛が襲ってくる事が多くなりました。
その場から動けなくなるという経験が初めてだったので、その後はなんとか部署移動をさせてもらい、座り業務が少ない部署にしてもらいました。

また、筋肉の硬直という事で整体でも施術できると聞いたので、家の近くにある整体に定期的に通う様になりました。

座り業務の方はストレッチで体を良くほぐし、大事な局面で腰痛が来ない様に十分気をつけてください。